体重が増える食事と増えない食事

毎日の食事内容が、体重の増える食事になっているような人は大勢います。食べる量が多い人は太りやすいと言えますが、食事量だけでなく食事の栄養バランスが悪い人も体重が増えやすい傾向にあります。どれだけ食べたかも大切ですが、体重をコントロールするには、どのような食品を食べたかも気をつけるようにしなければなりません。

人間の食生活で欠かせない3大栄養素は、炭水化物、脂質、たんぱく質です。食事から脂質や炭水化物を摂取することで、体を動かすために欠かせないエネルギー源の確保ができます。必要以上に炭水化物や脂質を多くとれば、お腹周りなどに脂肪がついて、柔らかいお肉が増えることになります。

体重管理のために必要なことは、1日で使うカロリーと、1日で摂取するカロリーのバランスをとることです。摂取カロリーが消費カロリーよりも多くて、カロリーが余るとそれが体脂肪となり、結果として体重が増える原因となります。

たんぱく質は筋肉に変わる働きを持っていますが、筋肉量は体重の増減に大きく関っているので、毎日の食事で気を配りたい栄養です。筋肉量が増えると基礎代謝が向上して脂肪が燃焼されやすくなりますが、筋肉は脂肪よりも重いので、筋肉質の体になれば体重が増えるということになります。

体脂肪の減少量と、筋肉の増加量との兼ね合いになりますが、筋肉がついても脂肪が減っていないと、体重が増加する場合があります。体重を増やしたいならば、この3大栄養素を多めに摂ること、逆に痩せたい場合には炭水化物や脂質は最低限に抑え、たんぱく質はしっかり摂るということが理想の食事になります。
バストアップラボ

Widgetized Sidebar

This panel is active and ready for you to add some widgets via the WP Admin