体重減少とストレス

体重減少が起きる時には、何らかの背景要因があります。ダイエットをしていないけれど体重が減っているなら、まずその要因を探してみましょう。最近の人は、溜まったストレスが原因になって病気になってしまうことがあります。

職場環境、家族との関係、人付き合いなどで緊張状態が継続すると、ストレスにつながることがあります。ストレスを長い時間受けつづけていると、交感神経の働きが高まります。交感神経優位になると、副交感神経の働きが低下し、食べたものを消化する機能が弱まって、ものを食べたいという意欲が下がってしまいます。ストレスで消化吸収力が下がると、ただ体重減少が起きるというだけではなくなるといいます。お腹を下しやすくなったり、胃炎や胃かいようになるなど、消化が十分にできないことへの弊害が出て来たりします。体重減少しているけれど、どうしてそうなっているかわからないという人は、気づかないうちに過剰なストレスがかかっていないでしょうか。過剰なストレスにさらされていながら、そのことに気づいていない人もいます。職場の問題や家族との関係に忙殺されていて、ストレスを自覚する余裕もないという人もいます。自分の体が今どんな状況になっているかを考えることができないほど、疲労が大きいということもあります。職場や家の事を優先するあまり、体調を崩してしまっては意味がありません。体重減少を放置していたために、深刻な問題を見逃していたといううこともありますので、体重減少が起きたら、まずは根本要因を調べてみることが重要です。
太りたい 女性 おすすめサプリ

Widgetized Sidebar

This panel is active and ready for you to add some widgets via the WP Admin