男性が抱える不妊治療に対してできる妊活とは?

昔は、不妊の原因といえば女性にあったと言われていましたが、今は男性にも半分は原因があると言われています。
そんな、不妊を抱える夫婦はどのような不妊治療をしているのでしょう?
間違った妊活を続けて貴重な時間を無駄にしないためにも、しっかりと把握しておきましょう。

男性にとっての不妊治療には段階があります。

1.タイミング法
2.人工授精
3.体外受精
4.顕微授精

男性の検査によっては体外受精や顕微授精にすぐ移る夫婦もいますが、
ほとんどの産婦人科でまず推奨されるのはタイミング法です。

やることはいたってシンプルで、奥さんの排卵日を合わせて夫婦生活をとってもらうだけです。

それでも、うまく妊娠できない場合や夫婦が高齢の場合は人工授精などになります。
人工授精も5回して妊娠できない場合は体外受精に進むことがあります。

しかし、体外受精や顕微授精は非常に費用がかかる不妊治療なので考える夫婦も多いようです。

体外受精と顕微授精の優れている点は受精が確認できるので、妊娠する確率は一気にあがります。
しかし、妊娠から出産まで大きく関係してくるのは女性の年齢です。

35歳を境に一気に妊娠できる確率が低くなるので、早目に子供が欲しい夫婦はすぐに体外受精を行う夫婦もいます。

Widgetized Sidebar

This panel is active and ready for you to add some widgets via the WP Admin