手掌多汗症の手汗を緩和する方法

暑くなくても室内等で、一度手汗をかいて汗スイッチが入ってしまうと手汗がなかなかひかない手掌多汗症は、皮膚科で処方される塩化アルミニウム水溶液かパースピレックスローションを使用することで、手汗が手首まで流れる・掌に水滴ができるレベル2やレベル3の手掌多汗症レベルを、レベル1程度の触れると掌がべたつく程度か、常人同様サラサラの状態まで緩和してくれます。

EST手術という日帰り可能な神経を切断して手汗をシャットアウトする手術もありますが、代償性発汗があるかもしれないので、リスクを減らすために上記の方法がお勧めです。塩化アルミニウム水溶液は保険適用内で処方してくれるため安く手に入り、就寝前に掌に薄めて塗ってドライヤーで乾かして、手袋をして密封状態で就寝し、翌朝洗い流す方法をとります。肌に合う人と合わない人がいるため、パッチテストは大切です。

パースピレックスローションのほうがコスパは上がりますが手軽で、3日に1度塗るだけでグッと手汗の量を緩和することができます。皮膚科でも購入できますが、ネット通販で購入したほうが安く購入できます。購入体験者の口コミレビューを参考にして検討することをお勧めします。

⇒内側からの汗対策サプリ、アセカラットの口コミ

Widgetized Sidebar

This panel is active and ready for you to add some widgets via the WP Admin